ベルタ酵素でクレンズダイエット。効果が出やすいコツを紹介!

ベルタ酵素でクレンズダイエットを始めようと思ったら、どんなことに注意すれば良いんでしょう?調べてみましたので参考にしてみて下さい。

ベルタ酵素の副作用

ベルタ酵素を飲むにあたり、副作用の心配をされる方も
少なくないかと思います。

そこで、ベルタ酵素に副作用がないのか調べてみました。



まず、そもそも副作用というものは、医薬品に対して使われる言葉ですので、
医薬品ではないベルタ酵素には適用されません。


それでも、ダイエットや体質改善を目的として摂取する商品ですので、
それにより体調が悪くなったりした場合は、
その症状を指して、副作用として考えるでしょう。

そう考えた場合、ベルタ酵素に副作用がないのかというと、
実は副作用といってもいいかと思われる反応が出る事があるようです。


実際には≪好転反応≫と呼ばれるもので、飲み始めに症状が現れます。
体内に溜まっていた毒素などが排出されて、体質が変化していきます。

それを副作用と表現してもいいかとも思いますが、
そもそも好転反応と、ベルタ酵素の効果があらわれて、
体質が良くなっている課程の症状ですので、喜ばしい事です。



なので、医薬品に対して使う副作用とは、ちょっと意味合いが
変わってきます。


好転反応の症状ですが、体内に溜まっていた毒素が排出されるために、
吹き出物が一時的に出る場合があります。


また、食事の量が減ることにより、摂取する栄養が少なくなるために、
血糖値が下がって頭痛や低血糖状態になる場合もあります。


他には便秘になる事もあるようです。
これは、食事の量が減る事に関係しているようです。




飲み続けていくうちに治まって来るのが一般的なようですので、
続くようでしたら、一旦中止してみる方が良いかもしれませんね。


たまに吐き気が出る方もいるようです。
これも好転反応の結果として現れるものとされています。


体内の環境が変化しているために発症する症状ですが、
時と共に緩和していくものです。

でも、吐き気がなかなか治まらないような時は、ダイエットによって
体調不良を引き起こしている可能性も考えられます。

そんな時には、一度病院へ行くことをお勧めします。





 

ベルタ酵素で下痢した…



口コミでよく見かける≪ベルタ酵素で下痢した…≫という症状ですが、
ベルタ酵素には食物繊維が多く含まれていますので、人によっては
下痢の症状が現れる
場合があるようです。

酵素の働きは、消化・吸収・排泄に大きく作用しますので、
便秘の人には便秘解消効果が期待できる反面、その効果が強く表れた場合は、
下痢というかたちになって現れます。


下痢になった場合は、摂取しているベルタ酵素の量が多すぎると
考えられますので、摂取量の調整などで経過を見て下さい。

それでも治まらない場合は、お医者さんに相談してみるのもいいでしょう。

基本的には、酵素は体内にはなくてはならない栄養素ですので、
下痢が現れた場合は、摂取量が多すぎると考えていいと思われます。

口コミによると、1~2週間で症状は落ち着くようですので、
それ以上不調が続く場合は、ベルタ酵素とあなたとの相性が悪い場合も
考えられます。

何しろベルタ酵素には、非常に多くの野草や野菜が含まれていますので、
通常の生活の中では、決して出会う事がない素材もあるはずです。

そうした物との相性が悪かった場合、良くない症状が現れても
不思議ではありません。

◎1~2週間様子を見る
◎飲む量を調整してみる


上記を行って、改善がない場合は病院へ行くとこをお勧めします。

下痢止めを飲んで、誤魔化すような事はしないで下さいね。

デトックス効果によって腸内の余計な物を排出しようとしている場合には、
下痢止めを飲むと、その効果を弱めてしまう事に繋がります。

◎1~2週間様子を見る
◎飲む量を調整してみる


あくまでも、この2つをお勧めします。



⇒ベルタ酵素の公式サイトはこちらからどうぞ!